SmartViscaに関するお知らせ

catch-img

【※8/19更新 改修済】 重要な更新[組織スキーマの改善されたキャッシュの有効化]とSmartViscaへの影響について

※8/19追記

本問題に対応したSmartViscaバージョン2.5.4をリリースしました。

パッケージをご希望のお客様はご契約時にお知らせしているサポート窓口までお問い合わせください。


Salesforceの重要な更新[組織スキーマの改善されたキャッシュの有効化]が2020年8月13日(日本時間)より自動有効化されます。

https://releasenotes.docs.salesforce.com/ja-jp/spring20/release-notes/rn_apex_enable_improved_schema_caching.htm


[組織スキーマの改善されたキャッシュの有効化]が有効化された組織では、「リード連携拡張パッケージ」のバージョン番号2.0.xのインストールが失敗する問題を確認しております。


自動有効化期日の8月13日(日本時間)以降は、該当の更新を無効化することはできません。

このため、[組織スキーマの改善されたキャッシュの有効化]が有効化された組織でも「リード連携拡張パッケージ」のインストールが正常にされるよう、現在対処を進めております。


本件について情報の更新がありましたら、本記事にて改めてお知らせいたします。

不明な点がございましたら、ご契約時にお知らせしたサポート窓口までお問い合わせください。