catch-img

Salesforce 多要素認証必須化に伴うSmartViscaへの影響について

Salesforce は 2022年 2月 1日より、Salesforce 製品へのアクセスには MFA の使用を必須条件とすることを決定しました。

多要素認証につきましては以下のFAQおよびSalesforceから公開されている各種情報をご確認ください。

<参考>

Salesforceへ安全にアクセスするために知っておくべき情報〜多要素認証

Salesforce 多要素認証に関する FAQ


多要素認証の必須化に先立ちまして、この度SmartViscaへの影響を調査しましたところ以下の操作・処理において影響が無いことを確認いたしましたのでご報告いたします。

<前提>

  • 一般ユーザおよび連携用アカウントユーザに多要素認証を適用
  • 多要素認証にはSalesforce Authenticator および Google Authenticatorを使用

<確認を実施した操作・処理>

  • 連携用アカウントフォームからのアカウント送信
  • SmartViscaカメラ(Salesforceモバイルアプリ内)の起動、名刺送信
  • 名刺カメラログイン(専用モバイルアプリ)の起動、名刺送信
  • SmartVisca ScanAppの起動、名刺送信
  • 名刺納品処理
  • 名刺の参照
  • SmartVisca connect(専用モバイルアプリ)の起動、同期、着信表示

※一般ユーザの多要素認証を有効にした場合、『Salesforce』(PC・モバイルアプリ)および『SmartVisca connect』(モバイルアプリ)へのログイン時には多要素認証が必要となります。


本件につきましてはSalesforceから開示される情報がアップデートされる可能性もありますのでその際は本お知らせを更新いたします。

SmartViscaの影響につきましてご不明点などございましたらSmartViscaサポートデスクまでメールにてお問い合わせくださいませ。