SmartViscaの特徴

FEATURES
SmartViscaはSalesforceプラチナパートナーであるサンブリッジオリジナルのアプリケーションです。
Salesforce一体型あるため、データ化された名刺はSalesforceに蓄積され、顧客情報が安全に活用できるようになります。
Function

充実した機能

名刺管理に不可欠な機能がすべてそろいます。
名刺データ化機能

名刺データ化機能

PC・モバイル・スキャナで名刺画像を送信すれば、人力でチェックした正確なデータがSalesforceに蓄積されます。
人物管理機能

人物管理機能

名刺情報は上書きされずに、過去のデータもすべて蓄積。Sales Cloudと連携して、商談履歴やコンタクト履歴と連携。
重複防止機能

重複防止機能

Salesforce上の顧客情報と重複チェックを行い、正しいデータに。正確性が高まることで、他のシステムとも効果的に連携。
リスト作成機能

リスト作成機能

特定条件のグループをオブジェクトとして抽出可能に。MAのシナリオなどに、活用できます。
外部データ連携

外部データ連携

日経の人事情報をはじめとしたさまざまな外部データとの連携が可能で、データを名刺からさらにリッチにすることができます。
コンバート機能

コンバート機能

名刺の情報で取引先・取引先責任者・リードに上書き、新規作成可能。Salesforce連携がスムーズに。
Merit

Salesforce一体型のメリット

SmartViscaはSalesforceに名刺データを蓄積する一体型の構造をとっているため、様々なメリットがあります。

Salesforceベースだから

  • Salesforceと同じID/ Passwordで名刺管理が可能になります。
  • ユーザーのモバイルアプリもSalesforceと同じ。同アプリ内で閲覧できます。
  • 管理者もメール配信やレポート、ダッシュボードなども統合して利用できます。
  • 閲覧権限の設定やユーザー管理などの運用業務も一元化できます。
Scalability

Salesforceだから優れた拡張性

名刺から獲得した顧客データをさまざまなシステムと連携が可能です。
SFA/CRM(Sales Cloud) 連携

SFA/CRM(Sales Cloud)
連携

Sales Cloudの各機能と連携可能です。
顧客管理や案件管理、売り上げ予測など名刺による情報の正確化でSalesforceの定着活用を促します。
MA(Pardot)連携

MA(Pardot)連携

フォーム制作、メール配信などマーケティングに必要な機能と連携でき、名刺を基軸としたキャンペーンが展開できます。
アンケート(aVisca)連携

アンケート(aVisca)連携

サンブリッジオリジナルのアンケートツールを活用することで名刺情報とアンケートを紐づけて管理することが可能になります。
リード自動連携機能

リード自動連携機能

リードのスコアリングや判別を自動で行い、名刺による正確なデータで営業との顧客情報連携が可能になります。
企業情報(uSonar)連携

企業情報(uSonar)連携

LBCコードを使い、企業に属性情報を付与できます。名刺情報に加え、属性情報をもとに顧客データの活用が可能になります。
その他アプリ連携

その他アプリ連携

Salesforceベースだから、4,000以上のAppExchange各種アプリと連携が可能となり、さらなる活用の幅が広がります。
Cost

Salesforce一元化だから低コスト

名刺管理専用のサーバーを必要とせず、コストを抑えることができます。
専用サーバー不要

専用サーバー不要

Salesforceにデータを蓄積するため名刺管理専用サーバーの費用・保守・管理が不要
移行や開発不要

移行や開発不要

データの移行や更新、整合性チェックなども不要で余計な開発や手間がかからない
Salesforce連携の費用は不要

Salesforce連携の費用は不要

Salesforce一体型だからSalesforce連携に追加費用は不要
Measures

万全のセキュリティ対策

顧客情報の保存・通信を前提としたセキュリティ対策が施されています。

01.データ取り込みフェーズ

SSL/TLSで暗号化したデータを校正用サーバーに送信

  • 無関係なトラフィックをシステムから遮断
  • 名刺画像以外の外部ファイルを受け付けない
  • 名刺画像は自動的に端末から削除される
  • 通信は全てSSL/TLSで暗号化(正規サーバ証明書使用)
01.データ取り込みフェーズ

02.データ入力フェーズ

名刺画像分割後にグループごとにオペレーターがデジタル化

  • 名刺画像は画像分割後、グループ分けされたオペレータにより校正/デジタル化される

  • 名刺のデジタル化オペレータは名刺の一部のみを担当し、完全な名刺を見ることはない

  • オペレータの校正完了後に自動的に Salesforce(SmartVisca)に送信/保存される

  • 校正用の分割データは納品完了後に自動で削除

02.データ入力フェーズ

03.データ保存・活用フェーズ

データ保存先が一元化されるため構造的に安全性が高い

  • SmartViscaはSalesforce内にのみデータを保存するため、外部に顧客データベース用の別のサーバーを立てる必要がない

  • 一元化により複数のサーバー間でのトランザクションが発生しない

保存先はSalesforceのセキュリティに準拠

  •  SmartViscaは国内大手クラウドデータセンターにて運用/管理されたシステム
  • 限られた担当者のみが限られた方法でシステムにアクセス
  • システム稼働率は99.9%以上(実績)のパフォーマンス
  • セールスフォースドットコム社が定めるセキュリティ審査をクリアしたアプリケーション
03.データ保存・活用フェーズ
Standard

Salesforceが準拠する各種セキュリティ規格

FedRAMP
NIST特別公開 800-171
その他
コンプライアンス認証
米国防総省
イベント監視と
プラットフォーム暗号化
IRAP
SOC 1/SSAE 16/
ISAE 3402(旧 SAS70)
国防情報システム局
影響レベル 2(DISA IL2)
PCI DSS Level 1
SOC2
ISO 27001/27018
SOC 3
Compliance

データが内部化されコンプライアンス対策に

無料や廉価版のアプリのようにデータが外に出る心配はいりません。
無料や廉価版のアプリでは大切な顧客情報が自社の従業員情報が外部に保存されることもあります。
コンプライアンスを徹底するのであれば、データの内部化が欠かせません。

データが外部化されてしまう問題点

重要な個人情報が外部のデータに

重要な個人情報が外部のデータに

セキュリティレベルなど統一できない

セキュリティレベルなど統一できない

自社のメンバーが広告の対象に

自社のメンバーが広告の対象に

Download

資料ダウンロード

サンブリッジが培ってきたSalesforceおよび名刺管理に関するノウハウやサービス資料についてダウンロードが可能です。
ホワイトペーパー(Salesforceユーザーのための名刺管理ツール選定6つのポイント)
名刺管理ツールを導入するにあたり、Salesforceを使っているユーザーがチェックしておくべきポイントをの6つの軸で解説しています。
ホワイトペーパー(名刺をビジネスで活用するためにSmartViscaを選ぶ理由)
名刺データを活用して顧客管理していくことのメリットと、その中で他のツールと比較してSmartViscaが優れている点について解説しています。
標準価格を含めた
SmartViscaの概要資料をお送りします。
ご質問やお見積り等、お気軽にお問い合わせください。
SalesforceやPardot連携におけるご質問などもお答えします。
ホワイトペーパー(Salesforceユーザーのための名刺管理ツール選定6つのポイント)