名刺からはじめるコンタクト管理
「SmartVisca(スマートビスカ)」

正確な名刺情報でSalesforce活用を推進する
コンタクト管理アプリケーション

AppExchange

Salesforce Platformで構築されたSmartVisca (スマートビスカ)は、正確にデジタル化された名刺情報に基づいたコンタクト管理を可能にするAppExchangeアプリケーションです。Salesforce Platformライセンスを含むために、会社組織全体でSalesforceベースの顧客管理をすぐにはじめることができます。

SmartViscaの特徴と機能

正確にデジタル化された名刺情報に基づくコンタクト管理を実現

スキャン、カメラ撮影された名刺情報は、OCRにて画像と認識可能なテキストが一次納品としてSalesforce PlatformベースのSmartViscaに取り込まれ、OCRだけでは認識できなかったテキスト情報についてはオペレーターの目視による修正が行われ、1.5営業日以内に正確な名刺データとして登録(2次納品)が完了します。

イベントやセミナーなどで名刺を大量に獲得した場合でも、TWAIN規格に準拠した汎用的なスキャナを利用することで、CRMへの名刺情報の入力作業の工数削減はもちろん、常に最新の名刺データを基に正確な情報を活用したコンタクト管理を実践することができます。

リードや商談を活用したより実践的な顧客管理に拡張可能

SmartViscaはSalesforce Platformライセンスを含む構成となっているため、営業組織のみならず会社組織全体で名刺を活用したコンタクト管理をはじめることができます。Sales Cloudライセンスを活用すれば、リード自動連携による正確な名刺情報を基にしたPardotによるマーケティング施策の実現など実践的な顧客管理への拡張も可能になります。

Salesforce Platformで名刺データを管理するからコンプライアンス重視の企業に選ばれる

近年、無償の名刺アプリの一部は名刺情報を活用したSNSとなっているのが現状です。名刺管理というよりは名刺を起点とした個人情報の共有が前提となるため利用者の情報は初期状態でインターネットに公開される仕様になっています。対してSmartViscaは自社のSalesforce組織のIDを持つ社員間でのみ名刺は共有され,利用者の情報が公開されることはありません。個人向け名刺アプリで会社の名刺を管理していると社員が退職する際に名刺情報を持ち出してしまう可能性も高く、獲得した名刺情報を会社として失うことに加え、コンプライアンスの問題にもつながりかねません。SmartViscaなら、Salesforce Platformで名刺情報を一元管理するため、名刺情報はお客様が契約されたSalesforce組織上のみに格納されます。SmartViscaのこうした強固なセキュリティ面もコンプライアンス重視の企業に選ばれている理由のひとつです。

直感的な操作で名刺情報にアクセスできるモバイルアプリ

Salesforceモバイルアプリからすばやく名刺情報を活用

正確にデジタル化されたSmartViscaの名刺情報はSalesforceモバイルアプリから直感的な操作ですばやく活用することが可能です。

閲覧履歴から最近参照した名刺にすぐにアクセスしたり、自分の所有する名刺と会社で共有している名刺の切り替えもスムーズに行うことが可能です。

名刺情報を活用したコンタクト管理をモバイルワークを行う上で面倒な名刺アプリとSalesforce間でのアプリの使い分けは不要です。

名刺の詳細画面から活動予定を登録できる

SmartViscaは、Salesforceモバイルアプリで名刺の詳細画面からToDoや活動予定をいつでもどこでも登録することができます。ビジネスの生産性を向上させ、営業活動のスピードアップと働き方改革を推進します。

デジタル化された名刺情報は社内でのみ共有

自分が保有する名刺と同じ人物の名刺が他の社員によって更新された場合に、Chatterフィードで通知する設定が可能です。また、登録されている名刺情報をもとに簡易的に生成された組織図や過去の名刺交換履歴を参照することも可能です。

名刺情報にタグをつけて名刺グループを自在に管理

名刺情報にタグをつけてグループ化することで、プロジェクト、イベント、導入検討企業など様々なグループを作ることが可能です。作成したグループは検索することも可能で、目的に合わせてグループ化することでより使いやすくなります。

SmartViscaの動作環境

Salesforceの対応Edition

SmartViscaはSalesforce Platformライセンスを含むため、契約後すぐに名刺管理をはじめとする機能を利用できます。

リード連携拡張パッケージやaViscaカメラを使ったアンケート連携など、リードやケース、商談などを用いた、より高度な顧客管理を行いたい場合には、下記のSalesforce CRMライセンスの契約が必要になります。

・Sales Cloud
 Lightning Enterprise, Lightning Unlimited

・Service Cloud
 Lightning Enterprise, Lightning Unlimited

ユーザー利用環境

SmartViscaのご利用には、インターネットに接続できる環境と、Salesforceの動作確認がとれているWebブラウザまたは、iOSおよびAndroid OSで動作するSalesforceモバイルアプリが必要になります。SalesforceモバイルアプリはApp StoreおよびGoogle Playより無償でダウンロードできます。

名刺データ取込デバイス利用推奨環境

  • CPU:Celeron 1.6GHz以上
  • メモリー:1GB以上
  • ハードディスク:1GB以上の空き容量
  • 対応OS:Windows 7(32bit/64bit)、Windows 8.1(32bit/64bit)、Windows 10(32bit/64bit)
  • スキャナー本体とUSBケーブルで接続されている必要があります。
  • インターネットに接続できる環境が必要です。
  • プロキシサーバーを介してインターネットと接続している場合には、プロキシサーバーがHTTP1.2に準拠している必要があります。
  • インストール時には、Windowsのログインユーザーに管理者権限があるか、アプリケーションをインストールする権限が付与されている必要があります。
  • スキャナの動作確認状況については「よくある質問」をご覧ください。

SmartViscaご利用料金

初期費用 100,000円 初回契約時のみ(連携サーバー設定)
基本ライセンス
 
86,400円/年〜  名刺デジタル化料金(960枚/年〜)
12,000円/年  Salesforce連携用ライセンス
ユーザーライセンス 12,000円/年( 1ユーザー月額換算1,000円) 5ユーザー単位での契約となります 

基本ライセンスの名刺デジタル化料金は、名刺の取込枚数で決まります。

お客様規模に応じたきめ細やかなプランをご用意しておりますので、価格表をご希望の方は下記よりお申込みください。