よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)からキーワード検索ができます。

Winter ’21 リリース後にプロフィールURLをクリックすると、「エラーが発生しました」というページが表示されます

■対象

Winter ’21 リリース適用前に「重要な更新:ゲストユーザのオブジェクト権限の変更からのオプトアウト」を有効化していない組織


■原因

以下Winter '21リリースにより、ゲストユーザのプロファイルで送信プロフィール(カスタムオブジェクト)の編集権限が自動無効化されてしまったことが原因でございます。

参考:ゲストユーザのオブジェクト権限の変更からのオプトアウト (以前にリリースされた更新)
https://releasenotes.docs.salesforce.com/ja-jp/winter21/release-notes/rn_networks_opt_out_obj_perms_cruc.htm


■回避手順

・Winter ’21 リリース前からSalesforce組織をお持ちのお客様
  → ゲストユーザのプロファイルで送信プロフィールの編集権限にチェックを付ける

編集権限の付与手順は以下の通りです。

1) 設定 - すべてのコミュニティ へアクセス

2) 設定したコミュニティの左隣にある「ビルダー」をクリック

3) 左列にあるギアアイコンをクリックし[ゲストユーザプロファイル]セクションに記載されている「Online Profile for Salesforce (←コミュニティ名) プロファイル」をクリック

4) プロファイルの詳細画面より「編集」をクリックし、[カスタムオブジェクト権限]セクションにて「送信プロフィール」に「編集」権限を付与し「保存」をクリック
 

・Winter ’21 リリース後にSalesforce組織を新規取得されたお客様

  → Winter'21で新規取得した環境では、
    ゲストユーザのプロファイルにカスタムオブジェクトの編集権限を付与できないためプロフィール画面が正常に表示できなくなります。

   現在、 この問題を修正したアップデートバージョンの開発を予定しております。